LINK

カードの上限がいつも決済する以上に多く設定していると使用者は心配ないと誤解し必要以上にを使ってしまったりするものですね。

クレジットカード使用の危険を軽減するようにするため使用できる最大金額をあらかじめ少なめに設定しておこう・・・という提案が、記事のメインとなります。

月の利用限度額を引き下げる方法●使用カードの月の利用限度額を減らしておく手順は利用限度額を上げる手順とともに、非常にシンプルです。

クレジットカードの後ろにプリントされている専用窓口に問い合わせて「月の利用限度額をセーブしたいです」ということを電話に出た人へ指示するだけです。

だいたいはすでにあるカードの限度額よりも低ければ、時間のかかる審査なしで容易に限度額のコントロールができてしまいます。

限度額を減らすのはお金を守ることに繋がる●カードの月の利用限度額の抑制は、節約という益のみならず危険を避けることとも関連が深いものです。

仮にだが、クレジットカードが紛失等により知らない間に使用されてしまった場合でも、カードの月の限度額をきつくしていたならリスクを可能な限り減らすように可能だからです。

安心して欲しいのは、もし仮にクレカが悪用されたトラブルでもクレジットカードの保有者に意図的と言えるような問題にあたることがない限り盗難保険というものが守ってくれるから不安を感じることはないですが、1%の可能性のことを念頭に置いて、必要のない月の限度額は減額しておいたら万全でしょう。

使いもしない金額は百害あって一利なし・・・なんです。